KMWEBConsulting

Google認定パートナー
Google認定
パートナー

Googleアップデートにも素早く対応

2012年、Google社は検索エンジンの判定基準を大きく変えました。
「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」の名前で知られる仕様の変更は、
WEB上のニュースはもとより、雑誌などの一般メディアでも大きく取り上げられたので、
ご存知の方も多いかと思います。

 

企業サイトだけでなく、個人サイトやブログなども巻き込んだ
「パンダ・ペンギンアップデート」どちらのアップデートも、
具体的には、Googleが「このページは、●●というキーワードに対して価値がある」
と判定する考え方(アルゴリズム)のプログラムを、大きく更新したということです。

 

その影響によって、それまで●●というキーワードで1位を独占していたサイトが、
一気に100位以下に落ち込むなど、ランキングに大きな変動が生まれました。

 

SEOを専門とした当社ならではの強み

Googleだけでなく、ほかの検索エンジンにおいても、
日常的に検索エンジンのアルゴリズムは、細かく更新されています。
当社では、そういったマイナーアップデートごとに、調査〜解析を行なっていますので、
一般のサイトが受けるような影響をかぶることはありません。

 

判定基準が変わったと言っても、基本的にはキーワードとページの関連付けが
密接であるかや、サイト全体の構造が正しいか。といった考え方で評価するわけですから、
ロジックの根本を押さえておけば、「急にランキングが圏外に移動してしまった」
などといった、大きなトラブルとはならないわけです。

 

これからのアップデートに対する対応

当社では過去のマイナーアップデートにも対応しておりますし、
2012年のアップデートに関しても、実績調査を行なっています。
そのため、これから行われる検索エンジンのアルゴリズム変更に対しましても
順次対応していくことが可能です。

 

以上のような点が、「SEO専門」であることの強みになっているかと思います。

 

一般の企業様においては、それぞれの事業がありそれを補佐する形で
サイトを運営していくわけですから、四六時中検索エンジン対策を行うわけにもいきませんし、
ましてや検索エンジン側のアップデートで、どのようにWEBの様子に変化が起きたのか?
などチェックするわけには行かないでしょう。
私たち専門家に任せて頂くことで、時間とお金、両方のコストが減少します。