KMWEBConsulting

Google認定パートナー
Google認定
パートナー

【本当に大丈夫?】SEO対策ソフト・ツールの効果

最近は数が減ってきましたが、「SEO対策ソフト」やツールというのが
一時期はWEBでよく出まわっていました。
私達のようにSEOを専門に扱っている業者にとっては
「また同じようなのが出回っているなぁ」程度で気にかけることもないのですが、
一般の方々の中には非常に有効な手段だと考えて、頼りきってしまうこともあるようです。

 

人間が行う諸々の作業を自動化するプログラミングなので、
悪意のあるシステムではないことがほとんどなのですが、
多くのツールは検索エンジンのアルゴリズム・アップデートに対応できていませんので、
逆効果になっている例さえあります。

 

多くのツールは古くなっている

 

ツールの制作者も、悪気があってツールを作っているようでは無さそうです。
確かにSEOの基本に基づいたソフトもあります。

 

ただし、Googleなどの検索エンジンでは
「●というサイト(ページ)は、価値のあるサイトである」
と判定するプログラムを動かして、検索結果の順位を決めています。
そのプログラムの考え方=アルゴリズムは、定期的に変更されます。
私たちはアップデートごとに、何が起こったのかを調査〜分析して、
新しい手段を利用するわけですが、「SEO対策ソフト」では、そういった更新がかかりません。
そのため、いつまでも古いアルゴリズムに対応したSEO施策を行うことによって
検索エンジンから嫌われてしまう=「価値の無いサイトだと判断されてしまう」ことになってしまいます。

 

結果の正確な判断

 

ツールを使ってSEOを行った場合には、ランキングが上がっても下がっても、
その要因がどこにあったのかわかりにくい。という問題もあります。

 

一般の方々にとって、「SEO対策ソフト」の中身はブラックボックスです。
何が行われているのかある程度の予測はつくが
正確なところはわからないのが現状ではないでしょうか。
そのため、ツールを使った結果として順位が上がったのか、ほかの要因があったのか、わかりません。暗中模索のまま、ツールを使ったり、独自のSEOを行なっても手間がかかるだけですし、経験値も増えません。

 

ツールやソフトを使用することは、SEO対策としてはかなりリスクが伴います。
お困りでしたら、ぜひ私たちにご相談下さい。