KMWEBConsulting

Google認定パートナー
Google認定
パートナー

内部SEO対策とは【ページ内の最適化】

当社のSEO施策では、専門のエンジニアスタッフが、
クライアント様のサイトの内部を改修することによって、的確なSEO施策を実施いたします。
具体的には、サイトを解析し、検索エンジンに正しく評価されるように、
HTMLタグの改修や内部リンクのはりかえなど、キーワードに準じたサイト全体の見直しを行います。

 

ページの内部改修

 

ページとキーワードの連携を適切に行うために、必要なタグを増やしたり、
適切な場所にキーワードを埋め込む作業を行います。
一例を挙げれば、「自転車 通販」がキーワードであるのに対して、
HTMLの記述ががそのキーワードに準じていない場合があります。
そういった部分を細く改修し、サイト全体のチューニングを行います。

 

基本的には全ページを対象として、内部施策を行います。
対象となるサイトが、非常に多くのページを保持している場合は、
サイトの核となる主要ページに絞り込んで、的確にキーワードを埋め込み、
検索エンジンに見けられやすいサイトにします。

 

CMS( Content Management System)や、その他の複合的なシステムによって
サイトが構築されている場合は、全ページ対応できない場合がありますが、
このようなケースでも同様です。的確なポイントを改修いたしますので、
キーワードとページが直結するサイト構造に書き換えることができます。

 

当社が行うSEO施策の期間は、サイトの順位状況に応じて、
内部改修を追加で行う場合もあります。
もちろん、その間の追加費用は必要ありません。

 

全ページSEO施策によって得られる効果

 

すべてのページにSEO施策をほどこすことによって、
キーワードとページの関連付けが精密になります。
そのため、ミドル〜スモールキーワードとページが密接にリンクしますので、
検索エンジンが「この●●というキーワードに対して、このページには価値がある」と判断し、
ランキングが上位に上がることになります。
スモールキーワードで、検索エンジンの上位にランキングされることによって
得られるメリットは、ロングテールでの収益&アクセス数の確保です。

 

 

以上のように、ページを改修したり、内部リンクを最適化することで、
サイト全体の構造を見直すことにもなります。
一般的な例では、トップページからのリンクを、サイト内で循環させることで、
サイトの全ページを検索エンジンの対象とし、SEO施策の効果を引き出すことができます。