KMWEBConsulting

Google認定パートナー
Google認定
パートナー

格安月額制SEO対策の罠

近年みかけることの多くなった、いわゆる「激安・格安SEO」業者。
月額の費用が、3,000円〜10,000円程度といった、
これまでの常識を覆すような料金設定になっていますが、実績には疑問もあるようです。

 

検索エンジンから、「価値あるサイト」と認められるページやサイトを作るには、
やはり手間や技術が必要となります。
安い値段で請け負う業者の中には、SEOの中でも、外部要因に関する極端な操作を行い、
一時的にランキングを上位にさせるといった方法をとることもあるようです。

 

激安で効果はあるのか?

 

これまでのリサーチの結果として、激安・格安の業者の中には、
ほとんど内部的なSEO施策をとらず、外部からのリンクを極端に集めて
カンフル剤的にサイトの評価を上げる仕組みを使っているところがあるようです。

 

中には、クライアント企業の求めているキーワードとは
まったく違ったカテゴリーのサイトから被リンクを集めるなどの方法を取るため、
検索エンジン側から「不適切なサイト」と判断されるケースもあります。

 

極端な例を言えば、中古車販売のサイトに対して、芸能人のゴシップをネタにした
ブログからたくさんのリンクをはる、といったようなことですね。
芸能人のゴシップは、アクセスが集めやすいサイトのテーマですが、
アダルト寄りの内容もあり、中古車の販売とはリンクしません。
確かにアクセスを流すことはできますが、企業イメージさえ損なう状況を呼んでしまいます。

 

過去には、そういった強引な方法でも、一時的にランキングを上げることができたのですが、
検索エンジン側のアルゴリズムが進化してきた結果、現在では効果が薄いだけでなく、
逆効果(評価を落としてしまう)となる場合も多く見られます。

 

工程には費用がかかる

 

SEOは、ページに記述された内部コードの改修や、
サイト全体のリンクの貼り直しなど、地味な作業の積み重ねです。
そのため、どうしても人間がある一定の時間をかけて、調査して、
分析結果から得られた情報に基づいて、編集(ページの書き換え)を行う必要があります。
技術者の単価が非常に安くて済むのであれば、激安も可能かもしれませんが、
能力のある技術者は、一定の額以上の費用を要します。

 

ほかのサービスや商品と同じく、激安・格安といった
通常の市場では考えられない料金設定には、何らかの理由があると考えるべきです。
長期的に渡って上位表示を求めているのであれば、
月額にして数万円のコストが必要だということは、覚えておいた方が良いでしょう。