KMWEBConsulting

Google認定パートナー
Google認定
パートナー

検索エンジンのアルゴリズムを徹底分解

SEO対策を行う際に、Googleなどの検索エンジンで上位表示をさせるために、自分のサイトを書き換える作業があります。
既存のページを、検索エンジンが「理解しやすい」内容に書き換えて、検索エンジンから高い評価を得るようにします。

 

検索エンジンから高い評価を得るために

 

まず、内部要因をチェックする必要があるでしょう。
記述されているページは、希望のキーワードに沿っているでしょうか?
タイトルタグやメタタグなど、基本的な部分においても、
正確にキーワードを反映しているか確認していきましょう。

 

ついで、外部要因も充実させることが重要になってきますが、
ここでは内部SEOの方法を少し掘り下げてみましょう。

 

内部SEOの要素

ページ内部を書き換えることによって検索エンジンに対する最適化が
可能となりますが、大きく分けて、4つの手段があります。

 

HTMLとCSSが正しく記述されているか

検索エンジンがサイトを評価するにあたって、
まずは「ページが文法的に正しいか?」を判断します。
ビジュアル的に優れていたり、味わいのある文章が書かれていても、
HTMLの正しい構造となっていなければ、評価を落とすことになります。

 

サイト内の情報量

端的にいって、テキストの量が少ないサイトは評価が落ちます。
サイト全体のページ数が10ページに満たない場合であったり、1ページの中に記述された文章が、極端に少ない場合には、「あまり重要でないサイト」という評価を受けてしまいます。

 

テーマとキーワードの一致

検索エンジンのロジック(サイトを評価するプログラム)では、該当のページに記述された文章を解析して、「このページは、●●というキーワードをよく使っている」といった結びつけを行います。ページのタイトル部分や、見出しタグでのテキストに関しても、同じ処理が行われています。
そのため、的確なキーワードを行い。それに合わせたページの書き方 / 作り方をすることによって、検索エンジンから「価値のあるサイト」と評価され、ランキングが上位に上がることになります。

 

サイトの構造と内部リンク

ディレクトリの構造や、ページ間ではられているリンクが正確であるか? そういったサイト全体を網羅した内容でも、検索エンジン側は評価します。

 

これらの内容を踏まえて、サイトの制作を行うのは、かなりの手間がかかります。
一般のサイトを拝見していると、高評価を受けるために記述した内容が、
逆効果になってしまっている例もあります。
SEOの専門家に任せて頂いたほうが、そういったトラブルを防ぐことができます。